作成中のWebサイトが、Google の検索に引っ掛かるようになった。それは嬉しいことなのだけど、トップページではなく、枝葉のページ「だけ」が検索される。確かに、トップページにはほとんど情報がない。何のためのサイトなのかは、別ページに about.html みたいにして、まとめてある。問題は、そのページが袋小路のようなページで、トップページに戻る手段が用意されていないこと。デザイン性の高いページなので、僕が自分で変えるのは難しい。



<p>さてどうしようかとググっていると、Google Webmaster Tools というものを見つけた。Googleの検索に関する診断情報や統計値を見ることができる。Webサイトが自分の持ち物であることをどうやって示すのかと不思議に思ったのだが、Googleアカウントと、Webサイトの結びつけは、METAタグの中に Google から指定された確認用IDを入れるか、Google から指定された名前の HTML ファイルをサイトに置くことで実現している。</p>

<p>例えばこんな感じ。
<pre class="prettyprint">

</pre>
</p>

<p>この Google Webmaster Tools のページで、サイトマップファイルを使うと、サイト内のページの相対的重要度を Google に示すことができることを知った。早速 sitemap.xml を作成して Google Webmaster Tools から「送信」をしてみた。こんなファイル。</p>

<pre class="prettyprint">



http://www.example.com/
1.0


https://www.example.com/pages/common/about
0.5


</pre>

<p>うまく検索結果に影響してくれると良いのだが。</p>